おすすめ

自由の森学園

ライブ in 名栗の杜

007_small

自由の森学園の中野さん(中学校長)とミッキー(生物

教員)のライブがあります!交流会ではオーナー自慢の

ローストビーフも出まーす‥」といううれしいお誘いがあり、

飯能のさらに奥にある『名栗の杜』という、ギャラリーカフ

ェへお邪魔しました。

023_small          お店の中から入り口を見たところ。木のスピーカーです。

何も知らずに行ったのですが、名栗の杜さんは深い山の

中にありました。しかし、一歩お店の中に入ると想像だに

しない素晴らしい空間が広がっているのです shine

011_small                お花の照明は、なんとオーナー作!

012_small

ギャラリーの入り口。このステンドグラスも、

013_small                   こちらがギャラリー

downwardright お店をちょっと下った小川のほとりにあるゲストハウス

もオーナー作 sign03

015_small

ゲストハウスの扉もね。

018_small

↓こちらはお店の裏にあったオブジェ。カッコイイ。

きっとこれもオーナーの作品。

020_small

↓寄木細工の床。

すみずみまでこだわりを感じさせるこの家は、オーナー

自ら設計し作り上げたものだとか。完成まで5年かかった

というのも納得の、本当に素晴らしい空間です。 

022_small

そして、素晴らしいのは建物だけではなく、お料理も‥

033_small_2

見よ!美しいローストビーフのばら。 

008_small

こちらはスモークサーモンのケーキ birthday

器も見事な漆の朱塗り。めちゃくちゃ大きいんです。

010_small

中3のおじょうさんが焼いた、とりどりのケーキ↓

紅茶・さつまいも・柿(!)など、ご自分で考えたんだそう

です。カキツバタが見事な彫刻の木のお皿(?)です。

009_small

そして、奥様が作られた絶品・野菜カレー。

本当に美味しくって、レシピを頂いてしまいました。

040_small

順序が逆になってしまいましたが、ライブもとっても楽しか

ったのです。

032_small

自由の森学園というのは、決して多くはない生徒に対して

音楽の教員が8名もいるほど音楽に力を入れている学校

で、専門ではないのに楽器ができる先生が沢山いるんです。

ちなみに、手前は中学の校長・中野先生。ギターを弾いてい

るのが生物の後藤先生。その横は中3の生徒くん。

027_small

前座の中3ペアもとっても上手でびっくりした!

聞かせる歌なんです。第2のゆずか、コブクロか‥

ライブが終わり、交流会でご馳走をお腹いっぱい頂いて

ひと息ついた頃、誰からともなく歌がはじまり‥

いつのまにか大合唱。041_small

先生たちの伴奏と、声を合わせる生徒たちの声がお店中に

響きわたりり、父兄たちも思わず手拍子をとったり、口づさ

んだり‥note

あぁ、自森って歌にはじまり歌に終わるんだなぁー‥と思い

ました。

お金では買えない豊かなものがここにはある。

なんだか心が温かくなりました。

   名栗の杜  http://nagurinomori.com/

   035_small

044_small 

 『カフェと美しい生活用品 がいあ』

 http://homepage3.nifty.com/cafegaia/

noteブログランキングに参加しています。ご協力頂けると嬉しいですup

自由の森学園 ⑦ 学園祭2011

2011_011_small

10月の29・30日、自由の森の学園の学園祭がありま

した。

残念ながら29日は行けず、30日のみの 参加。

玄関前では、恒例の民族舞踊・中国舞踊・郷土芸能の

踊りからはじまります。

その後校内をまわってみると‥、こちらは写真部の展示

風景。

2011_003_small

クラス別のものはカフェが多い。こちらは教室の中に“森”

の中のカフェを作ってしまった。下に敷いてあるのは落ち葉。

2011_001_small

あとが大変sweat01‥とつい思ってしまうのは、悲しい主婦の

性‥ですが、なかなか可愛いらしくできていました。

2011_002_small

ほかにも、本格的なスパイスカレー屋さん、手打ちうどん

屋におかゆパン・蒸しパン・フェアトレードのチョコバナナ‥

などなど、なかなか興味深いお店がならんでいました。

中には“ホストクラブ”なんかもあったらしい‥

そして、こちらは、名前は忘れてしまったが、来た人が自

由に自然の絵を描いてください‥というところ。

これは教室の壁です。

素敵な木‥

2011_005_small

そして反対側には大きな川が。

2011_004_small

壊してしまうのがもったいない、絵本のような教室でした。

そして、いよいよ息子のクラスの“Show Cafe”へ‥。

中はライブハウスのように真っ暗。ワンドリンク制です。

私は、クッキー付きの紅茶を注文。150円也。

時間によっていろいろなショウが始まる。

2011_007_small

例えば、マジックや歌、雑学(?)など。生徒達が自分の

得意なことを披露します。担任の菅間先生のミニ講座や

教科の先生のライブや、とびいりの楽しいセッションなど

もありましたが‥

何といっても印象深かったのは、Rくんのハーモニカ sign01

Rくんはハーモニカの全国大会で優勝するほどの腕前で、

高校1年生とは思えない吹きっぷり。ジャズです!

ソウルって感じ。ハーモニカがシャウトしてる。

横で黒子のようにギターを弾いているのはお父さんです。

心の中で「ブラボーsign01」とスタンディング・オベーション‥、

(なぜなら息子が目を光らせているので‥) 

2011_008_small

興奮冷めやらぬなか外へ出ると、小雨の中、中庭に蒸気

機関車が走っていました。

2011_013_small

そして、お待ちかねのサンバのはじまりはじまり~ up

2011_016_small

なんと!こんな本格的なダンサーまでいるんです!

彼女達ももちろん自森の高校生。

飯能の山の中に、陽気なサンバのリズムが流れます。

notesチャンチャンチャチャッチャ、チャチャッチャチャン‥

楽しい notenote

2011_018_small

サンバをちゃんと見たのは初めてですが、あのリズムに

思わず体が反応してしまいました。

演奏しているのはもちろん中学生や高校生。

いいなぁ、10代の頃にこんな楽しいことやってみたかった‥

自森のサンバ部(?)は、毎年浅草のサンバ・カーニバル

にも出場しているのだそうです。

2011_014_small

帰りに、卒業生の湯本さんが長野県山ノ内町で栽培する、

低農薬で愛情いっぱいに育てたりんごを注文しました。

焼きりんごやりんごのケーキを作ってお店で出せたらいいなぁ

‥と思って。

2011_015_small

そして、これは自森の生徒が描いた絵のカレンダー。

テーマは“石”です。

ただの石っころだけど、一つ一つ全くちがう表情で、ひと月

に一つ石が描かれています。

『がいあ』でも販売します。売上は自由の森学園への寄付

になります。是非お一つどうぞ happy01

2011_021_small           あの人の写真代わりに撮ってきます。

          パパラッチ

          お金はとりません  あの人には秘密です(抜粋)

     『カフェと美しい生活用品 がいあ』

        http://homepage3.nifty.com/cafegaia/

notesブログランキングに参加してます。ご協力頂ければ嬉しいですup

 

自由の森学園 ⑥ 体育祭

2011_011_small

先日息子が通っている『自由の森学園』の体育祭へ行っ

てきました。

その体育祭が、これまで生きてきたうん十年の中で一番

楽しい体育祭、と言っても過言ではない‥そんな体育祭

でした。

2011_001_small

何が楽しい‥たって、まずは食いねぇ食いねぇ。

わがH1-2の父兄席には、アウトドア用の天幕が張られ、

その下のテーブルには皆で持ち寄った差し入れとコーヒ

ー・紅茶がところせましと並べられ‥

画面中央の“四里餅”は飯能名物。午後には売り切れて

しまうほどの人気商品だとか。つぶあんとこしあんがあり

ます。 美味しい heart

お茶をし、だべりながら、ときどき(?)子供たちがでる競技

を観戦します。

騎馬戦・棒倒し・タイヤ奪いなど、昔ながらの競技もここで

は健在です。

息子は“タイヤ奪い”に出てましたが、これがタイヤを奪っ

ただけでは終わらない。相手のスキをつき、相手の陣地

から奪ってくるのもアリ。し烈な戦いです。

息子はスネから血を流すほどの白熱ぶり。わが子ながら

“男”の顔をしておりました。

男になるためにはやはり戦いは必須か‥?

そして、私のお気に入りは“走り玉入れ”。

敵の団長が背中にしょっているかごの中に玉を入れる。

かごが逃げまわります run 楽しい、楽しい。

2011_008_small

そうこうしているうちに昼食の時間になりました。

学食へ行ってもいいけれど、知らず知らずのうちに皆で

持ち寄りパーティへ。韓国のり巻き・北海道直送アスパラ

などなど。どうしてこうも美味しいものばかり集まるのか‥

?(シアワセすぎ‥ coldsweats01 )

2011_015_small 

午後の部・応援合戦は、中等部・高等部を4グループに色分

けしたたて割りなので大人数。スリラーやディズニーなどの

ダンスも圧巻です!

一番のやまば、“色別リレー”も中・高たて割り。大逆転で息子

所属の黒組が優勝し、親たち狂喜乱舞 notes

ラスト。最下位だったグループの団長さんは、頭からバケツ

に入った小麦粉をかけられます happy02

勝っても負けても全力投球。

2011_018_small

今年最後の体育祭である3年生の団長さんたちは、涙・涙

で、こんな言葉でしめくくりました。

「お父さん、お母さん、この場所(自由の森学園)にいさせて

 くれて、ありがとうーーー sign03」 

2011_004_small

その日は梅雨の晴れ間。

まあるい虹がかかっていました‥ bud

noteブログランキングに参加しています。ご協力頂ければうれしいですup

自由の森学園 ⑤ 授業参観

2011_002_small

息子の通う自由の森学園の授業参観へ行ってきました。

はじめての授業参観。ワクワク♪

息子の担任・菅間先生の担当は社会なので、社会科の

授業です。

テーマは、『明治維新は世直しか否か?』

おぉ!(‥まず、このテーマに感動。)

自由の森学園の授業は、暗記や黒板を書き写す授業で

はありません。生徒一人一人が自分の頭で考えること、

それを表現することを学びます。

まず、先生が“明治維新”の概要をざっと説明してくれ、

グループに分かれて子供たちが議論します。そのとき、

相手の意見を批判しない、どんな小さな意見もとりあげる

のがルール。また、答えは出さなくていいのです。

「せっかくなので、父兄の皆さんも参加してください!」

これぞ自森(?)。全員参加型です happy02

いろいろな意見があるなか、感心させられたのは、子供

の意見というのは、決してあなどれないこと。大人以上に

本質を見ている意見もありました。‥スゴイ。

そして、ひとつの物事も見方によっては善にもなり悪にも

なるのだ‥と感じさせられました。(気づくの遅すぎ‥coldsweats01

はじめから最後まで本当に興味深い授業でしたが、

菅間先生が言った言葉の中に忘れられない言葉があり

ます。

「ぼくは社会の教師です。どうしたら世の中がよくなるか‥

 と、少なからず考えています。」

今、こんな言葉をすぱんっと言える大人がどれだけいるで

しょうか?

こういう大人に子供を預けられてよかった‥。

「(息子を)自森に入れてよかったーーsign03

心の中で雄叫びあげた授業参観なのでした、マル。

自由の森学園 ④ お花見&うちあげ

010_small

先日用事で自森へ行ったら、車のロータリーのあたりで

何やらひとが集まっていた。宴会?ピクニック?‥と頭の

中はマークいっぱいでそちらへ行ってみると‥‥

011_small

2・3年生の女の子たちが、

「お花見でーす!入学式の(係の)打ち上げもかねて‥」

真ん中ちょい上にあるのは炊飯器のお釜です。

学校でご飯を炊いて、自分たちで作ったおいなりさん、巻

き寿司、おかずが並んでいました。

いいねぇ‥、コンビニでも居酒屋でもなく手づくりの打ち上げ。

思わずブログに書きたくなってしまいました。

遅くなってごめんね o(_ _)oペコッ

自由の森学園 ③ 『日本で一番まっとうな学食』

自由の森学園に決めた理由の一つに学食があります(笑)

すんばらしい学食です。

、『日本で一番まっとうな学食』という本が家の光協会

から発行されています。自森の学食のことを書かれた

本です。

業者さんではなく、地元のお母さん達が、ぜ~んぶ手作り‥

梅干もうどんも、パンなんて天然酵母で学食で焼いてる‥!

お野菜は、学食で出た生ゴミを堆肥にし、地元の農家さん

に使ってもらった有機栽培のものか、全国から取り寄せた

有機栽培ものを使っているらしい‥脱帽です。 

その一例 ↓

20114_009_small ある日の日替わり。チキンカツ定食。

行事があるときは親も食べられるnote

20114_008_small

これぞ、自森の名物メニュー“伝統食”。

炊きこみごはん、お魚の煮物、etc‥

息子は今、寮に入っているので、これを三食食べている

わけです。

(うちのごはんよりもよっぽどいいわけです、ハイ coldsweats01 )

一度食べてみたい‥という方も、体験できますよ restaurant

自由の森学園 ① はじめに

2011年4月、長男が『自由の森学園』高等部に入学しま

した。

うちから埼玉の飯能にある『自由の森学園』まで2時間

かかります。その話をすると、皆「えーっ!」と驚きます。

「なぜ、そんな遠くへ‥?」と聞かれます。

また、ある方には「すごい決断をされましたね‥」と言わ

れました。

その意味はのちのちわかると思いますが‥‥

私たちにとっては、ごく自然の選択でした。

シンプルに、ただただ「素敵な学校だったからsign03

「自分が15歳だったら、絶対行きたい学校だったから」

‥です。

そんな『自由の森学園』の紹介を少しずつできたらいいなぁ

‥と思っています。

ちなみに、5月1日発行の雑誌『Ku:nel』に、自由の森学園の

学食が特集されてます。

よかったら、本屋さんで見てみてください bud

20114_014_small

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック