おすすめ

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

バレンタインのブラウニーを販売します

                    バレンタインのブラウニーを販売します

cloverバレンタイン限定 『 ハートのブラウニー 』 を予約販売いたします。

よかったら、大切なあの人に贈ってください。

国産小麦 ・ 粗糖 ・ よつばのバター ・ アルミフリーのベーキングパウダーで

作りました。

チョコレート感を大事に、大人の味にしました。

大きさは、上から下までが12.5cm。

お値段は、\1000になります。

できれば、お店まで取りに来て頂ける方。

(どうしても送って欲しい‥という方はご連絡ください)

連絡先は、こちらまで

http://homepage3.nifty.com/cafegaia/

cafe-gaia@nifty.com

いつも頑張っているご自分のごほうびにも‥‥

『川崎の野菜を使ったランチの会』のお知らせ

2月19日(金)12:00から、『カフェと美しい生活用品 がいあ』にて、

“川崎の野菜を使ったランチの会”を行います。

昨年の暮れ、“NPO法人ぐらすかわさき”さんとの出会いにより、

こんな会が実現することになりました。

( たちばな農のあるまちづくり http://tachibstyle.jugem.jp/ )

よろしかったら、おいでください。

  メニューは、

    ・国産鶏と川崎のお野菜を使ったポトフ

    ・手作りフォカッチャ(国産小麦粉使用)

    ・お豆腐プリンパフェ

    (横須賀の福祉施設で作ったお豆腐プリンをアレンジ!)

    ・ノンアルコールワイン(専属ソムリエ bleah おすすめ)

    ・オーガニックのコーヒー or 紅茶   

です。

お一人様1500円です。  

お店がとっても狭いため、7名様限定とさせて頂きます。

メールまたは、電話にてご予約ください。

《連絡先》

cafe-gaia@nifty.com   又は  080-1162-7436  まで。

お電話(メール)お待ちしておりますrestaurant

Gちゃん

いらっしゃいませ‥

二度目のご来店です。

前回と同じ、おばあちゃんとお母さんと一緒。

6歳のGちゃんです。

今日はカウンターに座って、“ガトー・ショコラ”とぶどうのジュースを頼んでくれました。

Gちゃんはとてもやさしくて、おばあちゃんが洗濯物をたたんでると、自分から手伝って

くれるのだそうです。

明るくてやさしいおばあちゃんの影響でしょうか?

“ガトー・ショコラ”がくると、Gちゃんが食べ始めました。

一口食べて、「おいしい!」

満面の笑み。いいお顔です。

それからは、ぱくぱく食べながら、一口ごとに「うまい!」「おいしいです!」

の連発です。

Gちゃんの笑顔を切り取って、額に入れて飾りたいくらい。

今日一番のうれしい出来事でした。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

本当のところ、お客様の足がぱったり途絶え、どうしようか‥と考えあぐねている

ときでした。

そんなときの、おばあちゃんの温かい言葉と、Gちゃんの笑顔でした。

‥Gちゃんは知らないだろうな、

小さなGちゃんが大きな力をくれたこと。

ありがとう。

きっとおいしくなると思うから、これからはGちゃんの笑顔を思い出しながら

“ガトー・ショコラ”を焼くことにしようっと‥

シフォンケーキが焼けました、が…

シフォンケーキが焼けました、が…

『豆乳シフォン』焼けました。が‥‥

ご覧のとおり、大爆発。

うちのシフォンはベイキングパウダーは入れてません。

それでもこんなにふくらんじゃったのは、たぶん最近買ったスタンドミキサーのせい。

さすが、マシンパワー‥coldsweats01

ちなみに、うちのシフォンは、国産の小麦粉 ・ 抗生物質を与えていない鶏の卵 ・

圧搾一番絞りの菜種油 ・ 豆乳 ・ 粗糖でできてます。

なんかこんなふうに書くと、めっちゃくちゃこだわりの人みたいですが、全部生協さん

のもの。自然にこうなっちゃいました‥という感じです。

ただ、私のシフォンの先生は、池袋のシフォン専門店『ラ・ファミーユ』の小澤さん。

『ラ・ファミーユ』のシフォンの弾力といったら、芸術のよう‥

とてもあんなふうにはできないけれど、うちのシフォンは粉の味がする、しみじみとか

素朴‥なんて言葉が合いそうなシフォン‥だと思ってる。

とりあえず、うちの家族は毎日食べてもまだ奪い合いしてます。こりもせず‥

版画工房 nao

版画工房 nao

出会ってしまった。

それは、山梨県・須玉の『おいしい学校』での話です。

『おいしい学校』は、須玉町の古い歴史ある学校を利用し、須玉町の農家さんが作った

野菜の産直所やパン屋さん。本格的なイタリアン・レストランがあるかと思えば、学校に

ちなんで、懐かしいコッペパンとビン入りの牛乳の給食セットを食べさせてくれる、楽しい

施設です。

以前からずっと、気になっていました。

やっと行けたある日、夢中になって産直野菜を見ていると、「あれ?」

片隅の棚に、白と黒の素朴な版画のポストカードが目に入りました。

なんとなくそちらへ足を運ぶと、この額に出会ってしまったのです!

潔いほど真ッ四角なかたち。

額の茶とマットの白とのバランス。

そして、素朴で、子供の絵のようにユーモラスで、温かい、白と黒のカップの版画。

私の「好き」を知りぬいた人が描いたのではないかと思うほど、私の心にぴったりで、

買わない理由がみつかりませんでした。

ちょうどお店をはじめる準備をしなければ‥という頃でした。

だから、運命的な出会いなのでは‥とひそかに思っています。

迷いなくその版画の作家さんに連絡し、尋ねてきてくれたそのひとは、その作品の

とおり、ゆったりした空気を身にまとった、どこか可愛らしく温かなひとでした。

それ以来、nao さんのポストカードと小さな版画が、うちのお店に並んでいます。

「お店の商品を作ったひと=大好きなひと。あるいは、心が通じ合うひと」

というのは、とても幸せなことだと思います。

今では、11才になる娘も、nao さんとごくたまーに手紙を交換する仲です。

営業時間変更のお知らせ

営業時間変更のお知らせ

誠に申し訳ありませんが、営業時間を、

       水・木・金・土の12:00~17:00 を、

       水・木・金・土の13:00〜17:00 と改めさせて頂きます。

また、第2土曜日は定休日なのでお間違いなく。

どうぞよろしくお願いします。

(※話は変わりますが、このブログをお読みになった方は、お気軽にコメントください。

  お待ちしてま〜す happy01 )

とうふ屋うかい

016_large

行ってきました。田園都市線・鷺沼にある『とうふ屋うかい』。

前々から興味はあったのですが、チャンスに恵まれず、今日はある会の新年会です。

エントランスは正統派日本家屋です。

朱色の壁には何か意味でもあるのでしょうか‥?

期待は高まります、ドキドキ‥

2階の大広間に通されると、和室にテーブルが配置され、お料理が並んでいます。

005_large

お正月らしくって素敵!

器も凝っています。

私は窓からの風景がよく見える出口近くの席に座りました。

お部屋の造りは昔の料亭か旅館のようで、窓から見える風景も東京近郊とは思えない‥

まわりのほとんどが年配の方‥という状況にもめげず、早く食べたくってわくわくする私。

ごま豆腐、西京漬けの魚の焼き物・黒豆、ふきのとう‥などの目にも綺麗なつきだしを頂

くと、次は椀物。

007_large

白身魚とかぶら蒸し‥これこれ、お約束ですよね。

小さなはぜ(?)を可愛らしく揚げた天ぷら。

そのあとが、“とうふ屋”ならではの、“油揚げの焼き物”で、“ねぎ味噌”と“おかかとみょう

が”でいただきます。この“ねぎ味噌”が美味しかったheart

そして、名物の“豆乳豆腐”(といったかどうか‥)。

土鍋の中にだしのきいた豆乳をはり、その中に大きな四角いお豆腐が鎮座しています。

それを接客係の方が取り分けてくださり、いただきます。

この、薄クリーム色の豆乳の中に、これまた薄クリーム色のエッジのきいた豆腐がある様

がなんとも潔くって好きだなぁ‥。日本料理にしかありえない組み合わせではないか?‥

と、勝手に考察。

見て楽しめ、食べて美味しい、久しぶりのお懐石です。

締めは、帆立の蒸し蒸篭(ごはん)と香の物。

デザートは白玉の入ったおぜんざいでした。

‥‥満足 catface

011_large

お食事の後は、小さいけれど京都か金沢を思わせるお庭を散策したり、ロビーで提供さ

れる無料の甘酒をいただきながら、会で一緒になった方たちとちょっとだけお話しさせて

頂きました。

年代のちがう方とお話しするのも、なかなかない機会です。

お土産に、ゆり根の入った飛竜頭を買いました。

ほんとは湯葉が欲しかったんだけど、なかったなぁ‥。

翌日、温めた飛竜頭にとろみをつけたあんをかけ、おろし生姜を載せていただきました。

あ~、日本人に生まれてよかったぁ‥ delicious

臨時休業のお知らせ

本当にごめんなさい。

明日、20日(水)臨時休業させて頂きます。

もっと早くお知らせするべきなのですが、すっかり忘れていました。

また、毎月第2土曜日はお休みなので、あわせてよろしくお願いします。

本当にすいませんm(_ _)m

りんごの焼き菓子

りんごの焼き菓子
とっても素朴なりんごの焼き菓子、焼けました!
ある方のお母様がおやつとして、ずっと作り続けていたレシピだそうです。一目見て「こんな素朴なお菓子を焼いてみたい!」と思いました。

心もとないほどシンプルな作り方です。
焼き上がりは、クッキーのよう…

しかし!次の日食べてみると、別人のような美味しさです。

これこれ!
こんなお菓子を作りたかったんです。

試食係の主人に出すと、「美味しい!」とGOサイン。うちは、ソムリエをしている主人の許可が下りないと商品としてお店に出せません。
りんご好きの主人も納得するほどの、素朴でしみじみ美味しい焼き菓子です。

毎日食べても飽きない、お母さんの味です。

母の力、強し。

お料理教室

お料理教室
先日娘の同級生のお母さんのご紹介で、久しぶりに“お料理教室”へ行って来ました。

行ってみたら、あらまぁ、以前子供の学校の行事でご一緒したお母さんが先生でした。生徒さんたちは同じ学校や幼稚園のお母さんのよう。アットホームな感じです。

今日のメニューは、『豚とタラの蒸しもの・湯葉あんかけ粥・3種のディップ・簡単チョコレートケーキ』です。
簡単・美味しい!を信条にされているだけあって、先生の手早いこと!レンジやフードプロセッサーを使いこなし、あっという間に4品出来上がりました。その間「はい、これお願い!」「ちょっとそれ取って…」と生徒さんとの連携プレーもお見事。皆手慣れたもので、何も言わなくてもさっさと洗い物を片付けます。
大鉢に盛った野菜スティックに、ちょんちょんと切った千両(赤い実のついた木)を飾ったら、一気にテーブルが華やぎました。
さぁ、お楽しみの試食タイムです。

レンジで蒸した蒸しものの美味しいこと。お肉をフードプロセッサーでミンチにすると美味しいんだぁ。レンコンのしゃきしゃき感が私好み…。“タラコと豆腐とオリーブオイルのディップ”は今まで経験したことのない繊細なお味で、目からウロコ。これは、人が集まるときにやってみたいなぁ…

最後に紅茶を頂いた頃にはお腹一杯。チョコレートケーキはお持ち帰りです。

本当のところ、こんなに気の張らないお料理教室は初めてです。この普段着の感じが私には新鮮で、終わったあとになんとも言えない温かさが心に残りました。これもK先生のお人柄でしょうか…?あとでお話を伺って、華奢な外見からは想像できない活動をされていて、「ひとは話してみなければわからない…」とつくづく思いました。

こんな機会を作ってくれたOさんに感謝…heart

寒い!

今朝、河口湖の近くに住む友人に電話をしたら、

「昨日雪が降って一面真っ白!雪を見ながらのんびりしてるよ‥」

これを聞いたら娘がうらやむことでしょう。

数年前まで北海道に住んでいたせいか、娘は雪が大好き。

朝一番、新聞のお天気欄を見て、

「今日は各地で雪だよ‥」と言うと、

「どーせ東京は雪降らないし‥」と半分あきらめモード。

こちらに来たばかりの頃は、「なんで雪降らないの?なんで雪降らないの?‥」とよく責められた(?)っけ‥。

‥‥さて、それはさておき、

最近本当に寒い日が続きます。

一軒家になったせいか寒さが身にしみる。

特に私は、二の腕と足が冷える気がします。

先日何かで“太ももを温めると免疫力UP!”という記事を読んで以来、Gパンの下にババ

シャツならぬババスパッツを履くようにしています。(黒いヤツ)

コレいいです。かなり温かい。

最近、あったかいと「幸せ‥」と感じるのです。

“あたたかさ=幸せ”‥ということかなぁ‥と思っているのですが‥

《ひとことメモ》

090_small

“あったかさ”と“幸せ”感の両方をあわせ持っている、フェルトのスリッパです。

見るからにあったかい。

近頃フェルトものは流行らしく、似た商品は沢山ありますが、こちらはひと味違います。

ネパールへ行った若者が、ネパールの現状を目の当たりにし、「なにか自分に出来ることはないだろうか‥?」と試行錯誤のすえに、生まれたものです。

汗と涙のたまものです。

だから、つくりに愛があるような気がします。

ほかのものにはない、丁寧なつくり。

はく人のために、そして、作る人達のために‥。

大切な人へ、大切な人の足元を温めるために、プレゼントしたくなるスリッパです。

パエリア

パエリア
今日は、札幌からやってきた友人と久しぶりのランチをしました。新宿南口のスペイン料理です。お店を始めるようになって、ランチもあまりしてないなぁ…。パエリアも久しぶり。デザートに出たスペインのプリン(たしか“クリーム・カタラーヌ”とかういう名前じゃなかったっけ?)が、卵黄だけのプリンで、カスタードを固めたような固めのプリンで面白かった…。プリン一つとってもお国によっていろいろあるなぁ。いつかいろんな国へ行ってみたい……
2㎝角のプリン一つで子供の頃からの夢を思い出す…食べ物の力ですか?

スコーン

0212
スコーン焼けました。
大好きだけど、なんとなく出してませんでした。アルミフリーのベーキングパウダーを使ってます。今日のはバターではなく、ショートニングを使っていて、ザクザクッという食感。厳密に言えば“アメリカンショートビスケット”というのだと思います。お砂糖を使ってないので、小麦粉自体の美味しさが味わえます。本当は焼き立てを味わってほしい!

手作りジャムをそえてお出ししていて、今は“キウイ”のジャムです。

あけましておめでとうございます

      

新年あけましておめでとうございます。

昨年は大変お世話になりました。

今年も『がいあ』共々、よろしくお願いします。

       Imgp0422_medium

今年もお正月に、広島の厳島神社へ行ってきました。

世界遺産に登録されただけあって、深い歴史を感じさせるすばらしいところです。

特に私は厳島神社がある宮島が大好きで、島自体に凛とした空気を感じるのは私だけでしょうか‥?

------12月31日朝8時すぎの新幹線に乗り、お昼過ぎに広島に着くと、なんと広島は大雪!!

前日までは温かかったとか‥

めずらしーい雪の厳島神社です。

       Imgp0434_medium

屋根が白くなっているのは雪です。10cmは積もってました。

子供たちは大喜びですが、大人達は寒くて寒くて凍ってしまいそう‥snow

おまけに、厳島神社に着いてみたらものすごい干潮で、普段は海の中のシンボルの大鳥居がまだら陸になっていて、大鳥居まで歩いて行けました。

       Imgp0429_medium

ほら、上の黒くなっているところが、いつもは海に浸かっているところです。

わかりにくいけど、横の小さいのが人間です。かなり潮が引いてる。

今年の宮島は、いつもと違う顔を見せてくれて、なんだか得した気分でした。

-----しかし、寒い。

あまりに寒いので、ある場所に避難。

それが、同行した友人イチオシの『揚げもみじ饅頭』やさん。

       Ca7c9qdz_medium

『揚げもみじ饅頭』の専門店です。

店頭の大きな鍋でもみじ饅頭を揚げています。あんこ、クリーム、チーズがあって、おすすめは“あんこ”と“チーズ”。

ためしにあんことチーズを一本ずつ買ってみたのですが‥‥、娘と半分ずつ食べてみると、美味しく美味しくってっておかわり。

熱々で、外はカリッ、中はフワッで、聞きしにまさる美味しさでした。

私たち母子は二人で4つ、友人達は、ひとり3つずつ食べていました。お見事!

それから、今回は寒くて手が出ませんでしたが、こちらには『揚げもみじ饅頭&ソフトクリーム』というスペシャルメニューがあって、アッツ熱の揚げもみじ饅頭で冷たーいソフトクリームをすくって食べるんだそうです。

“揚げもみじ饅頭”同好会(いつ出来た?)の私としては、いつか味わってみたい一品です。

楽しい楽しい広島は宮島・厳島神社の旅でした。

         Ca8dp998_medium        

(名産の宮島・張子。宮島が張子の産地とは知りませんでした。今年の干支の寅。かわいいです。わたくし、母子3代“寅”というおそろしい家系です。思わずパチリ‥)       

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック